ここはディスト様萌について吐露する場である。 管理人の趣味による非公式二次創作サイトです。 TALES OF THE ABYSSのジェイディス他、主にディスト関連の小説を書き綴るブログです。 公式の企業その他製造元とは全く関係ありません。
| Admin | Write | Comment |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まぁ・・・某アンソロにのる予定だった作品に更に手を加えたりリメイクして、
ここで新たな作品に生まれ変わらせよう!と思い立ったわけです。

なので、ちょいちょい時間かかりつつ、だらだらと。
時には修正したりのご都合主義で書いていきたいと思います。

とりあえず、プロローグ部分だけ・・・。




 

 

 

 

Prologue-プロローグ-


 深々と雪が降り続ける、万年雪の解けることない大陸。
その港に1艘の大きく帆を張った客船が到着した。


こげ茶色のファーがふさふさしたコートを羽織り、長い髪を一括りにした男が一人
寒さに震えながら甲板からその大地を見つめていた。





到着を待てずに甲板に出て近づく大陸を眺めていたはいいが、
一際強い風が吹きつけて、この地の寒さを強調していた。

「寒い・・・」

コートの襟をぐっと詰めてぶるりと震える。
それでも、船室へ戻る気はしなくて寒ささえ懐かしいと言うように耐えた。

ぶぉーという耳を劈くような汽笛が鳴り響き、極寒の大陸ケテルブルク到着を告げる。
待ちわびた瞬間がまた一つ近づいた、と感慨に耽りながら甲板から下界を眺める。

我先にと、待ちわびた地上に船から下りていく人々。
それを迎える到着を迎える恋人や、家族。
寒さをものともしない現地の船員達は声を掛け合いながら積荷を降ろしていく。
活気溢れる港の風景はいつか見た思い出の景色と寸分違わず、気分が高揚しているのが分かった。
そんな人々の人間模様を描いて、ごったがえした人の一員になるべく自分もその白い大地へと降り立つ。


降りてすぐに自分に声を掛けてきたのはこの航海で世話になった船員だった。

「おー旅人さん良い旅を!」

まさに海の男といった様相の凛々しい顔をくしゃくしゃにして満面の笑みで気さくに手を振ってくるのに、
こちらも大荷物を持った手でなんとか振りかえす。

「いえ、旅ではなく帰省なんですよ。」

「おぉ、そうかい!さぞ家族が待ちわびてるだろう!早く帰ってやんなー」

がはははと、大きな笑い声を上げて自らの仕事に戻っていった男の背を見送りながら歩き始めた。

ザクザクと踏みしめた大地に白い足跡を刻みつける。

ああ、この寒さ、久しぶりの故郷だ。愛しの我が故郷!自分に全てを与えてくれた地!)

もう一度この地に降り立つに恥ぬほど自分は成長できただろうか。

それより、皆は元気だろうか?

帰ったらまず何を話そう。

沢山離したいことがあるんだ。



今にも走り出したいようなわくわくした気持ちだった。

不安と期待に逸る思いを胸に抱き、かつて歩き慣れた道を一歩一歩前へと進む。 

長らく、待ち望んだあの場所を目指して。


 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[22] [20] [19] [18] [16] [15] [14] [13] [12] [10] [9]
忍者ブログ [PR]
material by:=ポカポカ色=